中学受験は塾や家庭教師などの家族以外の者に頼るほうが効率的

中学受験を自分のお子さんにやらせる親御さんが増えているようで、且つ受験のための対策を始める平均的な学年が早くなっているのが最近の傾向です。通信教育のみで成功させようとか家族の者が指導しようと計画する親御さんが中にはいるかもしれませんが、やる気や学習速度の効率を考えると塾や家庭教師に頼るほうが良いのです。

通信教育や家族の者が指導することを考える方は、お子さんのペースに合わせて無理なく学習できるとか人見知りで心を開きにくいお子さんだからなどの理由があるかもしれません。確かに、これらのやり方はお子さんの負担が少なくて費用も比較的安く済みます。しかし、外部の人間の目がないと大抵どんなお子さんでも中だるみが起こりやすく、家族の者が指導する場合は客観的な目線で学習指導ができなかったり日頃の関係が影響してしまいます。

また、家族の者が知っている「昔の中学受験の状況」とお子さんがこれから臨む「受験の最新状況」は全く異なります。受験はある意味で情報戦です。そこで、家庭教師や塾を利用することを勧めたいのです。費用が嵩むのはごもっともなことであり、人見知りのお子さんには少々つらいかもしれません。それでも、家族でも小学校の先生でもないという第三者が見てくれるので客観的な目線で指導してくれます。

中学受験の新鮮な最新情報のもとに学習指導してくれます。塾は基本的にどこでも毎回小テストがあり、細かな基礎知識の定着を数字で実感できてお子さんのモチベーション維持につながります。集団指導の塾によっては小テストや定期テストの順位が名前で張り出されるので、競争心の強いお子さんならやる気に火が付くでしょう。さらに、家族でない大人が指導するほうがお子さんも気が引き締まるし家族と小学校以外の人間との交流はお子さんの人生経験としても良いことです。